オーシャンズガーデンウエディング スタッフブログ

2018.08.17

こんにちは。
少しずつ、秋の風を感じられる季節となりましたね。

本日は結婚式の際にこだわりたい新郎新婦様も多い、
ウェディングケーキについてご紹介させて頂きます。

今では結婚式に必要不可欠になっているウェディングケーキには、

見た目だけでなくしっかりとした意味もございます。

写真1.jpg

ギリシャ神話では、ウェディングケーキの由来かもしれないとされている説があります。


古代ギリシャの結婚式において
パンなどを半分に分けて新郎新婦が食べることによって、

『永遠に愛を貫く証』としていたことです。


そして初めは、一段だけの普通のケーキが結婚式で使われていました。
しかし、19世紀頃になるとウェディングケーキに用いられたのは"三段重ね"のデザインでした。


披露宴にやってきたゲストたちに最下段のケーキが振舞われたり、
結婚式を欠席したゲストに中段のケーキが届けられるようになっていきました。
実は、最上段のケーキは、昔は新郎新婦の最初の子供のために取っておいたのだそうです。

現在のウェディングケーキには、結婚した二人の人生に幸福が多いように
そして子孫が繁栄するようにとの願いが込められています。

写真2.jpg
何段にもウェディングケーキを積み上げるのは、
その願いが天の神様にまで届くようにとの思いも込められています。


結婚式にウェディングケーキを分け合ってみんなで食べることにより
多くの人たちが幸福をお裾分けしてもらい、

新郎新婦が幸運に恵まれることを祈るという意味もあります。

お二人にとってもご参列されるゲストの方にとっても
特別な一日になるようお二人のこだわりをウェディングケーキへ
詰め込んでみませんか?
そんなお二人をオーシャンズガーデンのパティシエがお手伝い致します。

写真3.jpg

カテゴリ: 披露宴 料理 演出

2018.08.14

こんにちは。

本日は数あるご披露宴の演出の中で、何をしようか迷っている新郎新婦様へ、

おすすめの演出をご紹介させて頂きたいと思います。

それは今ではご結婚式の定番となっております、

「キャンドルサービス」でございます。

0576.JPG

キャンドルサービスは昔から行われている、結婚式では定番の演出なので、

一度は見られたことがあるという方も、いらっしゃるかも知れません。

なぜこの「キャンドルサービス」が今でもなお定番なのか・・・

そして、求められるのか・・・

それには、たくさんの意味合いがございます。

再入場後、ゲストテーブルにおふたりがキャンドルの火を灯していく時、

1卓ごとにテーブルを回る際、

これまでの感謝の気持ちを込めたご挨拶を行います。

おふたりの幸せをおすそ分けの意味を込めてキャンドルサービスを行うことで、

披露宴全体を通しておもてなしの気持ちが伝わります。

乾杯やケーキ入刀など華やかで盛り上がるシーンが多いご披露宴の前半。

一方、後半の進行ではクライマックスのシーンである花束贈呈があります。

会場を暗くする事でゆったりとした時間に包まれ、

後の花嫁さまのお手紙・花束贈呈へ雰囲気そのままに繋げることもできます。

会場全体がキャンドルの光に包まれるシーンは幻想的で感動ムードが広がります。

0580.JPG

定番の演出だからこそ、ゲストの皆様に楽しんで頂き、

会場全体が一体となり、暖かい雰囲気となるキャンドルサービス。

ぜひ、ご披露宴に取り入れてみてはいかがでしょう。

オーシャンズガーデンウエディング ブログカテゴリ
オーシャンズガーデンウエディング ブログ月別アーカイブ
オーシャンズガーデンウエディング ブログ最新情報
ご列席される皆様へ ご宿泊施設のご案内